れいなスペシャルインタビュー
――れいなさんはこのお仕事をする前は何を?
「飲食店で働いてました」
――このお仕事をしようと思ったきっかけは?
「自分にとって未知の世界への興味と言いますか。あはは(笑)」
――待ち合わせ型デリヘルで働く前の風俗経験は?
「なかったんですよ〜」
――この業界のイメージは?
「う〜ん、ちょっとダークな、みたいな(笑)」
――実際に働いてみたら?
「ぜんぜんそんな事なかったですね、真逆でした(笑)。スタッフさんも真面目だし、お客様も優しいですし」
――他店でのご経験は?
「それがないんですよ!初風俗!風俗歴長いと思ったでしょ?あははは(笑)」
――初対面のお客様から、第一印象で言われることって?
「『背が高いね〜』と言われますね」
――服を着ていてもわかるくらい、モデルさんのようなスレンダー体型ですよね〜
「いえいえ(笑)」
――脚フェチさんが喜びそうな美脚です。
「あ、普段脚フェチじゃない人が、ひたすら撫でてくれたり頬ずりしてくれたり……みたいな事はありましたね〜」
――脚フェチ製造機だ!
「あはは(笑)」
――こちらのお店は『待ち合わせ』『逆待ち合わせ』『直接派遣』とありますが、どのコースで遊ばれる方が多いですか?
「私の場合は『待ち合わせコース』が多いですね」
――お客様が指定した駅に向かって待ち合わせ、ですね?
「はい。いまだに会うまでドキドキ緊張しちゃいます(笑)」
――そこからふたりでホテルに向かう訳ですが……
「はい。私、ヒールがある靴をはくと男性と同じくらいになるので、男性にとってはちょっと違和感があるみたいです(笑)」
――モデルさんみたいな女性を連れてホテルに……入ってみたい……
「あははは(笑)」
――れいなさんを指名する方は責め派が多い?受け身派が多い?
「半々……やや責め好きが多いかな?」
――ご本人的には?
「Mなほうだと思います」
――性感帯は?
「このお仕事をするようになってから性感帯が増えたんですよ(笑)」
――いろんな箇所を開発されちゃった?
「そうですね。プライベートでは責められたことのない場所をいろいろと……なので全身どこでも気持ちいいですね……」
――理想の責められ方は?
「フェザータッチで焦らされまくると……弱いです(笑)」
――得意プレイは?
「好きなのは全身リップ、フェラ、69……。あ、ハンドサービスも褒められますね。『それどうやってるの?』『どこでそんなの覚えたの?』って(笑)」
――へええ、……どうやって覚えたんですか?
「うふふ、秘密です(笑) と、言いますか、男性のアレを触っているのが好きなんですね。触りまくっていたらいつの間にか上達しちゃったみたいです(笑)」
――ご自身のエロスイッチが入っちゃうシュチエーションは?
「人により違いますが……やはり外で手をつないだり、お部屋に入ってからイチャイチャしたり……というスキンシップがあるとムラムラしちゃいますね〜。プレイ後も、『ハイ、終わり』みたいにすぐ離れられると少し寂しくなっちゃうんです(笑)」
――余韻を楽しみたい?
「はい。終わった後もイチャイチャしたりお客様をマッサージしたりして触れ合っていたいですね〜」
――お仕事をしていて心がけている事って?
「やはり“触れ合い”ですね。直接エッチなプレイをしていない時間も触れ合っていたいし、何度か会っていただくうちに仲良くなって、カラダだけじゃなく心触れ合えるようになったらすごく嬉しいです」
――初対面で、しかも外で会うとなると緊張する方も多いでしょうけど、手をつなぐだけで安心しますよね。
「はい。たまにホテルに入ってもガチガチに緊張している方がいらっしゃいますけど、そういう時は……」
――どうされるんですか?
「手をぎゅっと握って、じっとお客様の目を見て『大丈夫、私の方がエロいから』って(笑)」
――いきなり突拍子もない事を(笑)
「女の子からいきなりそんな事を言われたらビックリするじゃないですか? でもそこで緊張していたのが一気になごむんですよ(笑)」
――たしかにそうですね!(笑)
「緊張していた方の心がほぐれて、エッチに豹変していく……その変化というかギャップが嬉しいですね。『よし、私も楽しむぞ!』って(笑) 待ち合わせ型って他のジャンルよりプライベート感があると思うので、一方的じゃなく恋人同士のようにお互い楽しみ合えたらいいなって思ってます♪」
 ● インタビュアー 阿部定治(風俗ライター)