ふうかスペシャルインタビュー
――ふうかさんはこのお仕事をする前は何を?
「会社で秘書として働いていました」
――こちらに入る前の風俗経験は?
「興味はあったけど、まったく働いた事がなかったんです」
――不安はありませんでしたか?
「それが……もともとエロい性格なので、この業界の事はすごく興味がありまして。以前から男性が風俗で遊んだお話を聞かせてもらうのが大好きだったんですよ(笑)」
――あら(笑) 興味津々だったんですね?
「そうなんです(笑)」
――実際に働いてみていかがでした?
「これが……楽しいですね!(笑)」
――それは良かったです(笑)
「たまたま運が良いのか、入店当初から優しくてエッチなお客様ばかりで……」
――充実してそうですね。
「おかげさまで(笑)」
――エッチな事に興味があっても、風俗のお仕事は初めてですよね?たとえば素股とかはやったことなかったんじゃないですか?
「それがですね……あるんです(笑)」
――え(笑) どこで?どなたと?
「実は……プライベートでも結婚する前はけっこう遊んでたりしてまして……(笑) 経験豊富な元カレに教えてもらったりしてたんです(笑)」
――エッチな奥様だなあ(笑) もしかして夜の性生活に物足りなさを感じてこの業界に?
「ん〜〜〜……ノーコメントで(笑)」
――言ってるようなものですよ(笑) こちらのお店は待ち合わせ型ですが、初対面の方との待ち合わせは緊張しますか?
「すごく緊張しますね!こればっかりは慣れないです(笑) でも、緊張と共に『これから会う人とどんなエッチな事しちゃうのかな?』という期待と興奮もあって……。待ち合わせ場所でご対面して、ホテルに行くまで……が毎回ドキドキです」
――お客様もけっこう緊張してます?
「そうですね、初めてのご利用だと特に。女性側は慣れてるでしょ?って思われるかもしれないのですが、こっちも緊張してるんですよって(笑)」
――じゃあ、お部屋に入ってやっとリラックス?
「リラックス……もしますけど、開放感と共に欲望が爆発しちゃうと言いますか(笑)」
――豹変しちゃう?
「はい。お客様からも『外で会った時と、お部屋に入ってからのギャップが凄いよね』って言われます(笑)」
――発情奥様になっちゃうのですね?
「はい(笑)」
――脱いでみてお客様からほめられるパーツは?
「オシリかな?あと肌が白くてキレイって言っていただけます」
――性感帯は?
「ん〜〜、しいて言うならば頭の中、かなあ(笑) 外では真面目そうだった方がホテルに入るや荒々しくなったり、いかつそうな方が甘えん坊になったり……みたいなギャップに弱いし、相手によって気持ちいい部分が変わってくる感じです」
――なるほど。得意プレイは?
「フェラ!大好きです!」
――即答しましたね(笑)
「ずっっっっっっっっと舐められます。いえ、舐めさせてほしいです(ウットリ)」
――ふうかさん! 目が! 超エロい目になってますよ!
「あっいけない!(笑)」
――その言い方からして、Mですね?
「です!MとドMの中間だと思います!」
――中間???
「普通の女の子が言う『私、Mなんです』ってあるじゃないですか?」
――ありますね。自称M(笑)
「そういうのよりはMな自信があるんです! でも『ドM』って言い切れるほどの自信はないんですよね……」
――なるほど、だから中間なんですね(笑)
「はい。積極的なMです(笑)」
――ご自身のMスイッチが入る瞬間は?
「そうですね……オプションで“ノーパン・ノーブラ”とか“とびっこ”とかを付けてもらえると、お客様と会う前からすでにプレイが始まっている感じがします……(うっとり)」
――またうっとりされてますね(笑)
「だって……こんなエッチなプレイ、プライベートでは引かれたらどうしようってなるけど、このお仕事だったら存分に楽しめるし……」
――ですね。ふうかさんが悦ぶほど、お客様も興奮されるでしょうし……
「“お仕事”と称して、はしたない、エッチな事しまくれるって最高ですよね……」
――わはは、本性が出てきた!(笑)
「何と言いますか……こういう関係だからエロくなれると言いますか、本当の欲望をさらけ出し合えると言いますか……。初対面の人とも、常連様もそれぞれ毎回楽しませていただいているので、お客様もすべてをさらけ出して欲しいですね」
 ● インタビュアー 阿部定治(風俗ライター)