当麻実心さんスペシャルインタビュー
――実心さんはこのお仕事をする前は何を?
「アパレル関係のお仕事をしていました。」
――このお仕事をしようと思ったきっかけは?
「『エッチな事してお金もらえるなんてサイコーじゃない?』くらいのすごい軽いノリだったんですよ(笑)」
――プルプルフェチM性感倶楽部に入る前の風俗経験は?
「ファッションヘルスで働いた事があります。でも私を指名してくださる方がMな人がすごく多くて、私も責めるのが好きだから楽しんでたんですよ。それで今にいたる感じです(笑)」
――M性感のお仕事を始めたばかりの頃、大変だった事は何ですか?
「M性感に関しては、責めるのが楽しいっていうノリから始めて、徐々に『へえ、こんなプレイもあるんだ。面白そう』みたいな感じで、プレイの内容やテクニックは自然と身についていったので、大変だったって事があまりなかったんですよね(笑)」
――プルプルフェチM性感倶楽部で働こうと思ったきっかけは?
「M性感が楽しくってやればやるほど店舗型では出来ないマニアックなプレイが増えてきたんですよ(笑)。で、先にここで働いていた友達から『デリのM性感って、自由度がぜんぜん違うよ!』っていうお話を聞いたんですね。そうしたらいてもたってもいられなくなって(笑)」
――それはお客様も同じ?
「はい、店舗型だと隣の声も聞こえたり、近くに男性スタッフもいるという意識があるから、M性感初心者のお客様は緊張しちゃうし、100%Mの世界に入り込みにくいと思うけど、デリだとお部屋で二人きりという安心感があるから、遠慮なく恥ずかしがらずに変態になってくれますね。プレイ後のお客様の表情がぜんぜん違うんですよ。みんな『あー満足した!発散した!』って顔になってます(笑)」
――オシリいじり系のプレイはM性感に入ってから?
「ヘルス時代からいじってました(笑)。M性感に入っていきなりオシリに指を入れろって言われたら躊躇したり緊張したりしたかもしれないので、そういう意味でもお客様に育ててもらったんだなあって感謝してます。」
――実心さんを指名するお客様は、どんなタイプが多いですか?
「そうですねー。M性感初心者の方からは『優しそうだから』とか『怖くなさそう』って……うふふ(妖しい微笑)」
――うわあ、アヤしいなあ。ホントに優しいんですかあ?(笑)
「優しいです優しいですホントに!(笑)」
――(疑惑の目)う〜ん、まあいいでしょう(笑)。常連さんはどんなプレイを求められる方が多いですか?
「私が得意なのが体液プレイなので、それが好きって方が多いです。」
――体液プレイっていうのが気になってるんですけど、唾液とか聖水とか?
「それも含めたすべての体液と言いますか。私……自分の体液フェチなんですよ。」
――えっとそれは具体的に書くとアレな感じですか?
「うふふ(微笑)」
――わかりました。その辺は皆さんの想像にまかせてという事で(笑)。ところで実心さんは「こういうシュチエーションになるとスイッチ入る」みたいなのってあります?
「う〜ん、普段からずっと痴女モードなので、スイッチってないんですよね(笑)」
――ほう!常にエロモードですか!
「ですね(笑)。待機しているときもエッチな漫画見て悶々としてます(笑)」
――わはは、漫画を見て「次はこういう責め方してみよう」とか?
「それ、けっこうしてます。『この淫語使える!』みたいな(笑)」
――男性のどういう反応にドキドキしますか?
「表情!声!すごく……大好きです。」
――実感がこもってましたねえ(笑)
「自分が責める事によって相手のエロい表情を見られたり、声を聞けたりするんだったら、もう何でもしてあげたくなっちゃいますね〜」
――プレイ後にお客様に言われて嬉しかったことってなんでしょう?
「いっぱいありすぎて…そうですねえ…『僕のオシリは実心さんの指じゃないとダメなんです』とか。」
――おお、いいっすねえ。ある意味ラブですねえ。
「嬉しいですよね。あと『キミの聖水しか飲みたくない』とか。」
――おお!それってM男クンの最大級の告白なんじゃないすか???
「どんなプレイであったとしても『私じゃないとダメ』って言われるとすごく嬉しいですね。」
――好きな男性のタイプは「リクエストしてくれるM男性」との事ですが。
「はい。Mな男性って優しい方が多いし、特に初対面だと『ホントはこういう事して欲しいんだけど、言ったら引かれるかなあ』って遠慮しちゃう方もいらっしゃると思うんですよ。」
――遠慮するなと?
「はい!そんな気を使っていたら、100%気持ちよくなれないじゃないですか? 彼女や奥様には頼めない事を出来るのがM性感だと思っているので、遠慮なくリクエストしてもらって、100……200%気持ちよくなっちゃってください!」
――新人の頃と比べて心境の変化は?
「ありますねー。以前は終始緊張しっぱなしで……。でも今は、プレイ前はちょっと緊張しますけど、いざプレイに入ったらフルでお客様と一緒に楽しめるようになったかなって」
――新たに好きになったプレイは?
「大体なんでも好きなんですけど、昔から来てくれているお客様からは『前立腺プレイが上手になったよね』って!(ドヤア)」
――思いきりドヤ顔してますが(笑)、ご自身で研究された?
「それもあるのですが、先輩キャストさんたちから教えてもらって、お客様とのプレイで実践させてもらって……の繰り返しというのが大きいですね〜」
――そういう意味でも現場度胸がついた感じですね。
「はい。体液プレイきっかけで来てくれるお客様でアナル未経験、という方にも『怖くないよ、痛くないよ、大丈夫だよ』自信を持ってオススメ出来る様になったと思います」
――お客様とプレイしていくうちに新たに目覚めたフェチやハマったプレイはございます?
「(食い気味に)あ!ありますあります!」
――どんな?
「着衣風呂!(笑)」
――着衣風呂?
「コスチュームを着たままお風呂に入るんです(笑) お客様とプレイしていてその延長で……ってやってみたんですけど、これがハマっちゃったんです!」
――した事はございませんが、想像するだけで何か……気持ち悪いまではいきませんが違和感があるというか……
「その違和感がイイんです! 日常だったら絶対しないような、いけない事をしているような感じ?(笑)」
――子供の頃にやったら、確実に親に怒られちゃうやつですよね(笑)
「そうそう、それを大人になってからやっちゃうっていう(笑) あまりにも楽しくって、自宅でもするようになっちゃったんです(笑)」
――そりゃハマりましたねえ!(笑)
「でもそれって、そういうフェチを持ったお客様とプレイしていなきゃわからなかった感覚ですからね〜」
――話は変わりますが、京都の姉妹店『はんなり』さんにもゲスト出勤されているみたいですね?
「はい。京都に性感エステを作ったらしい、そこはどうやらM性感コースもあるらしいと聞いて興味はあったんです。そんな時、たまたま旅行で京都に行くことがあって、試しに『はんなりでちょっと働けますか?』って聞いてみたらOKが出て……という流れです」
――なるほど。はんなりでは性感エステコースとM性感両方対応されてる?
「はい。M性感コースは得意ですが、エステコースは初めてだったので、しっかり講習していただいて」
――実際にエステコースの接客をしてみてどうですか?
「すごく楽しいですね。でも最後のフィニッシュ時に、ついいつものクセが出ちゃうんですよね……」
――いつものクセとは?
「ニヤニヤしながらの言葉責め(笑)」
――わはは(笑) アロマトリートメントの技術を学んだ事でご自身に変化や発見などはございました?
「すごくあります!アプローチの引き出しがひとつ増えたと言いますか……。M性感プレイに慣れていない、初対面だと緊張するという方には序盤にマッサージをしてスキンシップを取ることでリラックスしてもらったり、ロングコースだったら1回戦と2回戦の合間に取り入れてみたり……」
――あーたしかに「興味はあるけど……」的なビギナーさんへのアプローチの仕方としてすごく良いですねえ! ところで、京都でM性感プレイをしてみてすすきのと違いはございます?
「気張らなきゃと思って、すすきののプルプルフェチM性感倶楽部でやっているプレイを全力投球してみたら、ビックリされるお客様が多くって(笑)」
――ほう!
「『ニコニコしながらやることがえげつない』とか『すすきののM性感って濃厚コッテリなんやなあ』とか(笑)」
――あははは!京都の男がビックリ!(笑) 面白いじゃないですか!
「面白いんですけど、初めましてや初心者さんにはもっとライトにしなきゃなーと反省しました(笑) 『すすきのの女はみんなえげつない』って思われてもアレなので。あははは(笑)」
――京男を虜にする魔性の道産子娘……
「あはは! 変なキャッチコピーつけないでください(笑)」
――新たなスキルを身につけた事により、より一層お客様と一緒にプレイを発展させていく感じが深くなった?
「そうですね。以前はお客様が望むことを全力で……って感じでしたけど、最近は……特にM性感初心者の方には『こういうのが好きなら、こういうプレイはどうですか?』って提案できるようになりました」
――その方の求めているものをさらに深く……的な?
「ですね。はじめましての時はお客様が求めているものを中心にじっくりと。二回目三回目と回を重ねるたびに、より深くであったり、枝分かれしたり……的な。あ、もちろん無理強いはしませんよ(笑)」
――自信がついてきたからこそ、ですね。
「ですね〜。『M性感・SMってこういうプレイでしょ』的な既成概念にとらわれない、私とそのお客様じゃないと出来ないオリジナルのプレイを楽しみつつ追求できたらなあって思ってますので、興味のある方はぜひ一緒に遊んでくださいね♪」
 ● インタビュアー 阿部定治(風俗ライター)