花恋スペシャルインタビュー
――どもですー初めましてー。
「はじめましてーよろしくお願いします♪」
――プルプルフェチM性感倶楽部に入る前の風俗経験は?
「風俗のお仕事はここが初めてですが、プライベートで似たような事はしてました(笑)」
――そうなんですね。M性感のお店で働こうと思ったきっかけは?
「ん〜、プライベートで飼ってた変態がどっか行っちゃったんですよね〜あははは(笑)」
――お、おう……そうですか。数あるM性感のお店でフェチMを選んだ理由は?
「えっと、働く前からいろんなお店のサイトを見るのが好きだったんですけど、ここのお店はカリスマと言われている女の子が多いし、全国的に有名な女王様も在籍していたりで……。あとM性感とSMの垣根がないのもいいなあって。」
――と言う事はどちらにも興味あり?
「はい!(ニコニコ)」
――先ほどからすごく笑顔で答えてくれるので、いかに好きなのかが伝わって来ます(笑)
「あはは、お客様からも『プレイしてる時、すっごい楽しそうだよね』って言われます(笑)」
――そんな花恋さんのお得意なジャンルは……
「私……お店で働く前から聖水とか黄金プレイがすっごく好きで……」
――ん!? 聖水はわかりますけど黄金も……されるんですか?
「はい!大好きです!(ニコニコ)」
――こう言うのは偏見かもしれませんが、こんな若くて可愛い子が……意外と言いますか……
「あはは、初めてのお客様からも『キミがそんな事するの?ムリヤリやらされてない?』って聞かれるんですけど、めっちゃ楽しくてやってるんですよ〜♪」
――そ、そうでしたか。そういったプレイに興味を持ったきっかけは? 昔のカレシがそっちの気があったから?
「いえ(笑)、子供の頃から自分から出るものに興味があったんですよ。」
――聖水や黄金だけじゃなく唾液や鼻水や涙とか?
「ですね。なんか汚いものっていう偏見があまりなくって。」
――その延長で性癖にも繋がった感じ?
「そうですね〜。自分が出すものを相手も好きで興奮してくれるっていうのが嬉しくって。」
――やはり聖水や黄金はトイレやお風呂場で?
「ん〜、今までベッドで楽しくプレイしてたのに、いざってなったら移動するのって醒めちゃうんですよね〜。」
――じゃあベッドでそのまま?
「そうですね。事前にシート敷いておいて。あ、ご自宅とかに呼んでもらうときはお客様のご要望をちゃんと聞きますので、その時はトイレでもお風呂場でも(笑)」
――具体的にはお客様の身体の上にまたがって?
「自分の身体で受け止めたいって方はそうですね。私、しゃがまなくても出せるんですよ(ニコニコ)」
――ん?立ったまま?
「はい。出るとこを見たいって方も多いし、私も出るとこを見て欲しいし(笑)。あ!でもお客様それぞれの希望もあるので……」
――身体の上に出されたい人もいれば、顔面で受け止めたい人もいれば、ただ出るところを見たいという人もいれば……
「はい、その方がいちばん見たい、したいシュチエーションで出します。お土産としてお持ち帰りもOKです(笑)」
――ペットボトルやタッパーとかに?
「はい。遠足みたいに水筒とお弁当箱を持ってこられた方もいましたよ(ニコニコ)」
――ちなみに、普段は食生活に気を遣っていたりするんですか?
「ですね〜。こういうプレイをしているので食生活と体調管理は気を遣ってます。匂いとかのリクエストもあるので。」
――匂いのリクエスト?
「匂いが薄い方がいいとか濃い方がいいとか……」
――すごい!そんな事まで調整出来るんですか?
「事前予約の際におっしゃっていただければ調整出来ますよ〜。薄めって言われたら野菜中心にしたり、濃いのがいい方はお肉中心にしたりとか(笑)」
――すごい……プロフェッショナルだ。しかもそれを自分も楽しんでやってる風に話すからよけい説得力があります。
「あはは(笑) あ〜!そうだ!」
――ど、どうしましたか?
「聖水や黄金の話ばっかりになっちゃいましたけど、もっとライトなM性感プレイからSMまで大好きなので。これを言っておかないと完全にそっち専門って思われちゃう(笑)」
――わはは、そうですね(笑)
「ちょっと興味があるけど……っていうM性感初心者の方と遊ぶのも、マニアな変態さんと戯れるのもめっちゃ大好きです♪」
――プレイがソフトにしてもハードにしても『楽しく遊ぶ』っていうのが花恋さんの最大の魅力ですよね。お話ししている最中もずっとニコニコしてるし、「この子、ホント楽しそうにプレイしてるんだろうなぁ」って伝わりましたもん(笑)
「私、エッチな事になると頭がフル回転するんです。『この人はこういう事をされたいんだろうな?』とか『あ、今これくらいの反応ならもうちょっとだけエスカレートさせちゃおうかな〜?』とか。で、それがドンピシャでハマると嬉しくってしょうがなくなるんですよ♪ 他の事はまったくダメなんですけどね(笑)」
――花恋さんは相手の雰囲気や反応を見て、考える前にすぐ反応して動いてそうです。
「まさにそれですね、『考えるな、感じろ!』が私の座右の銘なので(笑)」
 ● インタビュアー 阿部定治(風俗ライター)