高収入すすきの風俗アルバイトといえば、北海道プルプルグループ

札幌すすきの風俗の安心・安全・高収入アルバイト

北海道プルプルグループ女性求人サイト


ファッションヘルス
デリバリーヘルス
在籍の女の子の声
皐月まりんさんへのお仕事インタビュー
皐月まりんさん
年齢21歳
趣味たくさんあります
出勤週3回〜4回
風俗経験プルプルグループが初めてです
ひとことプルプルグループはシフト面、お給料面が良いだけでなく、『決められたサービスをしてください』っていうのがないので、女の子の得意分野を活かし、『この子はどうしたら稼げるか』という事を常に考えて提案・プロデュースしてくれるお店だなって思います。私みたいに最初は何もわからない状態でも『どちらかと言えばこういうプレイに興味がある』というのがあったら、面接で遠慮なく言ってみてくださいね!

――いきなりですが、どうですか?稼げてますか?
「あはは!いきなりですね(笑) おかげさまですごく忙しくさせてもらってます!」
――たしかまったく風俗未経験で、『欲しいものをガマンせずにすぐ買いたい!』っていう動機での入店でしたよね?
「よく覚えてますね~(笑)」
――どうですか?買い物しまくり?
「それがですねえ……」
――ん?あまり買えてない?
「いえ、欲しいものをガマンせず買えているのに、貯金まで増えているというすごくありがたい現状です!」
――わはは、最高の環境じゃないですか(笑)
「最近は買い物よりも増えていく貯金額に喜びを感じるように……って、生々しい話しちゃってスミマセン(笑)」
――いえいえいいんですよ。むしろその辺は遠慮せず言っちゃってください(笑) 入店当初は、身体に負担をかけないように週2~3日くらいの出勤だったと思うのですが、最近は?
「今もそこは変わっていないんですけど、収入は増えているんですよ。」
――え?なんで?
「新人の頃も忙しかったんですけど、当然ながらフリーのお客様が多かったんですね。でも最近は一回出勤すると指名のお客様でビッシリ埋まるようになったんです。」
――それは凄い!新人の頃についたフリーのお客様を確実にリピーターにしたわけですね?
「テクニックも何もなかった新人の頃から今も来てくれる方がいらっしゃるんですよ。地元の方だけじゃなく、出張で来た方がまた来てくれて『たまにしか会えないからロングコースで』とか……すごくありがたいですね。」
――そのお客様はなぜ来てくれると思います?
「う~ん……う~ん……それがわからないんですよ(笑)」
――ガクッ!
「お客様は『会えば会うほど風俗嬢と客って感じがしない』みたいに言ってくれるのですが……」
――なるほど、仕事だからと変に気構えないのが大事?
「あ~そうかもですね。いつも自然体すぎて気構えた事がないからわからないんですけど。」
――ガクッ!(笑)
「でもそれだけ優しいお客様が多いからなんじゃないかなあって。怖いお客様だったら私も気構えちゃいますよ(笑)。他のお店の事はよくわかりませんが、プルプル倶楽部に来てくれるお客様は優しくていろんな意味で余裕のある方が多いなって思います。」
――そういえば、以前のインタビューでも、お客様が優しくて清潔感があるっておっしゃってましたよね?
「はい。みんな小奇麗な格好ですし、お客様と会ってハグをした時に『あ、私と会う前に顔拭きシートでキレイにしてきたんだな』ってニオイでわかります(笑)。」
――それは好感度アップですよね。
「ですね(笑)。あと、この業界で働く前は乱暴に触られる方が多いのかな?ってイメージがあったんですけど、お客様のほとんどが相手の女の子にすごく気をつかってくれるんだなっていうのは嬉しかったですね。あっ、あと……」
――ん?
「他のお店で働いている知り合いに聞いたら、お部屋は狭いしあんまりキレイじゃないって。どうやらウチ(プルプル倶楽部)はお部屋がすごくキレイで広いみたいですよ。」
――他のお店で働いた事ないからわからないですよね(笑)
「お部屋もお客様も清潔感があるほうが、働く女の子にとっては嬉しいじゃないですか?お客様もそれは同じだと思うので、私も接客は自然体だけど身だしなみには気をつけるようにしています。」
――以前はテクニック面を勉強中という事でしたが。
「うふふ(ニヤニヤ)」
――お、何ですかその不敵な笑みは?(笑)
「それがですねえ……最近お店で『拘束悶絶M男コース』というのが出来まして、それがすっごく楽しいんですよ!」
――ほう!通常のヘルスコースの他にそういうコースが出来たんですね?
「はい。ある日出勤してお部屋に入ったら、壁に手かせ、足かせをつけられるようになっていて、『え?これなに?』って(笑)」
――そういうコースが出来たんだよって?
「はい。『それすごく面白そう!』って食いついちゃいました(笑)」
――責めるのが好きっていう女の子にはもってこいのコースですね。
「ですね。お客様も本格的なテクニックを求めているわけではなく『女の子にエッチに責められたい』くらいのノリなので、責めるのが得意だけどM性感で働くのは難しそう……って思っている子にピッタリだと思いますね。」
――なるほど。
「私の場合は楽しすぎてM性感のお店でも働き始めちゃったんですが(笑)」
――え?他店と掛け持ち?
「まさか(笑)プルプルグループのM性感店ですよ~。」
――ああ、プルプルフェチM性感倶楽部ですね?
「はい。私があまりにも楽しそうにしてるので、スタッフさんが『ウチにはM性感専門店もありますよ』って(笑)」
――では現在まりんさんはダブル在籍されているんですね?
「はい。プルプル倶楽部の方が忙しすぎてM性感のほうはあまり出勤できていないのですが、これからそっちのテクニックも磨いていけたらなって思います。」
――最後にお店選びに迷っている女の子にひとことお願いします。
「プルプルグループはシフト面、お給料面が良いだけでなく、『ウチのお店の決められたサービスをしてください』っていうのがないんですね。女の子ひとりひとりの得意分野を活かし、『この子はどうしたら稼げるか』という事を常に考えて提案・プロデュースしてくれる柔軟性があるお店だなって思います。私みたいに最初は得意分野も何もわからない状態でも『どちらかと言えばこういうプレイに興味がある』というのがありましたら、面接で遠慮なく言ってみてくださいね!」

インタビュアー 阿部定治(風俗ライター)

お名前(ニックネーム可)
年齢
お住まい
メールアドレス
お仕事経験
ご相談内容 質問 見学・面接 体験入店希望
お問い合わせ内容