千咲かんなスペシャルインタビュー
――かんなさんはこのお仕事をする前は何を?
「飲食店で働いていました」
――このお仕事をしてみようと思ったきっかけは?
「いちばん最初は友達がやっていて、一緒に働いてみようかな?と思ったのがきっかけです」
――他の業種のご経験は?
「ヘルスだけです。かなり前にヘルスで風俗デビューして、しばらく辞めていたんです」
――プルプルR30で復帰?その間は?
「ニュークラブで働いていました」
――あーーーなるほど。お綺麗ですものね……いや、めちゃくちゃ可愛いんですよ。
「そんな事ないです(笑)」
――なんて言うんでしょう、エクボが可愛らしい愛嬌あるアイドル顔……
「あはは、ハードル上がっちゃいます(笑)」
――お客様から第一印象で言われる事って?
「『写真のイメージより更に優しそう』みたいな感じです」
――脱いでみてお客様から褒められる身体の箇所は?
「鎖骨がキレイとか……あとは肌がキレイって」
――プレイスタイルは?
「イチャイチャしつつ自分から……みたいな……」
――て事は責め好き?
「両方好きなんですが、いつも責めている途中で形勢逆転されちゃうんです(笑)」
――お客様が責めに転じる事が多い?
「ですね。私がご奉仕している時、お客様からエッチなイタズラをされるとビクン!ってなっちゃって、それを見たお客様が……」
――ムラムラ責めモードになっちゃう?
「そうなんです(笑)」
――さぞかしエロい反応なんでしょうなあ……
「敏感なのと声が出ちゃうのとで、それがお客様をムラムラさせちゃうみたいです(笑)」
――「あ、この人受け反応がエロい!」ってなるんでしょうなあ。性感帯は?
「乳首です♪」
――理想の責められ方は?
「最初は優しくしてもらうとそれが安心になって、カラダが感じちゃうモードになります(笑)」
――好きなプレイは?
「お客様さえイヤじゃなかったら、ローション多めのプレイが好きなんですよね……」
――全身ヌルヌルになっちゃうくらい?
「はい。働く方としてもこういう場所じゃないと出来ませんから♪ で、最後はローションたっぷり素股で、こっそり自分も気持ち良くなっちゃってます(笑)」
――えろえろですなあ……。ちなみに何フェチとかございます?
「ヒゲと体毛ですね」
――あった方がいい?
「もちろん!」
――最近の風潮だとムダ毛処理しちゃう男性も……
「ダメです!」
――だめですか(笑)
「男らしさの象徴ですよー。なので処理しちゃダメです(笑)」
――お客様と対面して、どのあたりからエロスイッチが入ります?
「最初、何気ない会話をしていても、普通を装って実はけっこうドキドキしちゃってるんです『この人と今からどんなエッチな展開になるんだろう』って(笑)」
――妄想好きですね。
「そうなんです。その流れでボディタッチされるともう完全にスイッチ入っちゃいますね〜」
――このお仕事をしたからこその新発見・初体験ってございます?
「たまに、まれに……なんですけど潮を吹いちゃう事も……」
――それはツボ的な、潮吹きスイッチがある?
「それが……私の場合は体調にものすごく左右されるんです(笑)」
――潮吹きしやすい体調とは?お水いっぱい飲むとか?
「いえ、単純に、健康でとっても体調が良い日は出やすいんですよ(笑)」
――そうなんですね(笑)
「なので、もしそれ目的で来られたのに出なかったらごめんなさい。体調管理に気を付けて健康体でいられるよう心がけます(笑)」
――潮吹きのための体調管理(笑) 他にも開発されちゃったなって思う事は?
「乳首の感度ですね。昔はホントくすぐったいだけだったのに、今は触ってくれないとウズウズしちゃいます(笑)」
――ご自身で「私、このへんが変態かも」って思う事はございます?
「私……常に触っていたいんですね……」
――相手の身体を?
「おちんちんを(笑)」
――ほほう!
「プレイ中はもちろんなんですけど、それ以外の時間もずっと。無意識に手が伸びていて、気付いたら触ってるってことが多いです(笑) あと、変態……とは関係ないんですけど、変なところで負けず嫌いと言いますか」
――変なところで?
「一回終わって時間にまだ余裕がある時、『普段から一回しか出来ないからいいよ』って言われると、変なスイッチが入っちゃうんです(笑)」
――変に燃えちゃう?
「そうなんです!他の女性とは一回しか出来ないって人を二回三回気持ち良くさせちゃいたくなる……(笑)」
――ちょっとした独占欲的な?「他の女より私の方が良いでしょ?」的な?
「……そういう気持ちがあるのかもしれませんね。『こんなに何回も出来たの初めて』って言われると、お仕事とか関係なく嬉しくなっちゃいます♪」
――じゃあ普段から何回でも出来るよって人は?
「大歓迎です!ぜひ私と一緒に限界を超えてみましょう!」
 ● インタビュアー 阿部定治(風俗ライター)