加藤ももスペシャルインタビュー
――ももさんはこのお仕事をする前は何を?
「看護師でした」
――風俗のお仕事は以前にも?
「いえ、ここが初めてなんです」
――このお仕事をしてみようと思ったきっかけは?
「興味があったのと、貯金したいのと、自分磨きをしたくて(笑)」
――いろんな業種がある中でファッションヘルス……プルプル倶楽部を選んだ理由は?
「業種の事とかぜんぜんわからなかったんです。求人サイトをいろいろ見ていて、デザインが可愛かったのと、真面目そうな印象を受けたのでここに決めました(笑)」
――初対面のお客様から第一印象で言われる事って?
「『天然そう』とか、『無邪気そう』とか『雰囲気がどエロい』って。あはは(笑)」
――お客様から褒められる身体の箇所は?
「歯並びと、乳首がキレイだねって(笑)」
――受けと責めどっちがお好き?
「どっちも大好きです(笑)」
――好きなプレイは?
「フェラと乳首を舐めながらの手コキです♪」
――どんな責められ方に弱い?
「じわじわ系ですね。耳とか首から責められて、さんざん焦らされてからアソコに指を入れてゆっくり動かされると……」
――という事は性感帯は?
「ナカです♪二段階あるらしいです(笑)」
――二段階?
「自分ではわからないんですけど、入り口と中に締まる箇所があるらしく、『凄いアソコしてるね』って(笑)」
――すごいアソコ(笑) 名器さんなんですねー。
「そう……みたいです(笑)」
――ももちゃんのエロスイッチが入るシチュエーションは?
「エッチな事をしながら『かわいいね』とか『エロいね』って言われると……凄く嬉しいのと共に、完全にスイッチが入るどころかスイッチが壊れちゃいます(笑)」
――壊れる!壊れちゃうと……どうなっちゃうんですか?(ゴクリ)
「自分でもどうかしてるなってくらい……乱れちゃいますね……」
――こんな明るくて愛嬌ある子が乱れちゃう……(ゴクリ)
「乱れている時にお部屋の鏡に写っている自分を客観的に見て、『うっわー、すげー女だな』って」
――わははは!自分で驚くぐらい!
「プライベートでも見せたことのない、我を忘れて快楽を貪ってる自分を見て『これがホントの自分なんだ、すごくエッチだったんだなあ』って……(笑)」
――開花しましたねえ。
「開花させられました(笑)」
――このお仕事をして?
「はい!だって!年上の男性ってめちゃくちゃエッチなんです!優しくてエロいんです!」
――わははは!
「このお仕事をする前は、風俗のお客様って自分の性欲だけ解消しに来るってイメージがあったんですよ。高いお金払ってるんだしそれが当然だとも思ってました」
――そうですよねえ。
「なのにみんな責める時も大事な人を愛するようにすごく優しくって、安心して身も心も委ねられるし、脳がトロけちゃいます(笑) そうなると、『この人を私もいーーーーーーっぱい気持ち良くしたい!』……と」
――自分でも驚くくらいのエロモードになっちゃうのですね?
「はい……何て言うんでしょう、プライベートより本性を出せちゃう……みたいな。こんなにエッチになったのはお客様のせいです!あはは(笑)」
――他にもこのお仕事をしての初体験ってございます?
「あ!こないだ初めて潮吹きを体験しちゃいました。あの、ちょっと長くなってもいいですか?」
――どうぞどうぞ(笑)
「エッチな動画を見ていて、『うわーこの子、責めも受けも積極的だなあ、潮吹きまでしちゃってる。エロいなあ』って思ったんですけど、それはAVだからだと思ってたんです」
――いわゆる演技……とは言わないまでも、大げさにしてる……みたいな?
「そうですそうです。でも、乱れに乱れまくって潮吹きまでしちゃった時、『私のカラダ、ここまでエロいのか!AVと一緒じゃん!』って(笑)」
――わははは!
「このお仕事をして、新しい自分……エロい自分が見られたようなような気がします(笑)」
――とてもステキです。そんなももさんですがお仕事をするにあたって心がけている事ってございます?
「私、恥ずかしがり屋さん、緊張している人、人見知りの人のベールを破る特技があるんですね(笑)」
――たしかに!私も初めましてですが、初めての気がしないくらい緊張してません(笑)
「その特技を活かして、初対面の人でもすぐに仲良くなって、リラックスしてプレイを楽しんで貰えるようにって思ってます」
――なるほど、それって看護師さんのスキルが役立ってるのかもですね。いろんな患者さん……不安に思っている患者さんにも安心してもらうように接するでしょうから。
「あ!なるほどそれかー!自分で気付かなかったです(笑)」
――たまに天然が出るのが可愛いです(笑) 最後にお客様にひとこと。
「うーん……あ!『スイッチ入ると止まらなくなる私を一度試してみてください』っていうのはどうですか?」
――バッチリです!
「あははは(笑)」
――――――――――――――――――――――――――――――――
――上記のインタビューはちょうど入店したばかりの頃だった訳ですが、お久しぶりです。
「入店したばかりなので、たしか2019年……2年ぶりですね。お久しぶりです(ニコニコ)」
――スタッフさんに聞きましたよ。今では驚異の高リピート率で常に本指名上位!よっ!さすが!絶対にこの子は伸びると思っていたんですよ!
「あははは、記者さんそんなキャラでしたっけ?(笑)」
――いえ、ちょっと頑張ってみました(笑) それにしても「お客様の口コミ」も、皆さん大絶賛じゃないですか。
「嬉しいですね。以前のインタビューでも話したと思うんですが、私はここが初風俗だったので、何が正解なのか毎日不安だったんですよ」
――ですよね…
「男性を手玉に取る高等テクニックなんて持っていないので(笑)、とにかく真正面から全力でお客様と向き合って、真面目に正直にやるしかない。それでダメだったらこの仕事はあきらめよう。くらいに思っていました」
――でもその努力の甲斐があって?
「そうですね。徐々に指名してくださる方が増えて行って気付いたら……」
――本指名ナンバーワンになったと。
「ビックリしましたね。謙遜じゃなく他にも可愛い子だらけのお店なのに私が?……って」
――まずお客様の声で多いのが「一生懸命」
「嬉しいですね。気持ちって伝わるんだなって思います」
――あと「プレイが濃厚」「特濃」、「濃厚より濃厚」なんてのも。
「あはは、真面目に読まれると恥ずかしい(笑)」
――プレイの濃さは、以前の、新人の頃のインタビューでも片鱗を見せていますよね。
「読み直してみるとそうですね(笑) このお仕事をして完全に開花したと言いますか、エロ優しいお客様たちのおかげで『エロい頭とカラダ』になった気がします(笑) 『すごく気持ち良くしてもらった以上に気持ち良くなってもらいたい!』って」
――その積み重ねで今の人気に……
「でも私……一度やらかしているんです」
――へ? ももさんがやらかし?
「はい。ランキングが上位になるほどお客様やスタッフさんがチヤホヤしてくれる。それは凄く嬉しいんですけど、いつしか『ランキング=自分の価値だ』って思うようになってしまって、目の前のお客様じゃなくランキングを重要視し始めたと言いますか……」
――あーなるほど。
「なので、入店して1年経ったくらいの私って、めちゃくちゃテングだったと思うんです。なんならスタッフさんに聞いてみてください(笑)」
――え! 真面目で一生懸命なももさんにテング期があったんですね!
「あったんです!(笑) お客様にひどい態度をとったりサービスを手抜きするとかは無かったですよ。でも働く姿勢、考え方が悪かったかもです」
――でもですよ? 自分にテング期があったって今思えるって事は、それに気付くきっかけがあった?
「あったんですよ! テングの鼻をポキって折られたきっかけが!」
――ぜひ教えてください!
「コロナです(笑)」
――コロナの影響で?
「はい。私だけじゃないですけど、お客様が激減しまして」
――それはすすきのだけじゃなく日本中そうだったでしょうね。
「世の中が風俗遊びどころじゃないってなっているのは分かる。でも私たちは……」
――お客様が来ないと食べていけない。
「はい。こんな時だからって遊びを控えようというお客様がほとんどの中で、『こんな時だから』って来てくれた常連様や新規のお客様の顔を見たら、嬉しくてしょうがなくって。それと同時に『自分はいつしかお客様より成績を気にしてた、変に人気が出てテングになってた』って気付いたんです」
――なるほど!
「あの時ほど目の前のお客様の大事さが身に染みた事はありませんでしたし、そこで『以前の自分に戻らなきゃ!』と。自分を見つめ直すいいきっかけでした」
――あー、大変でしたけど良かったですねえ。もしテングな上にやさぐれたら今頃どうなっていたか……
「クビになってたかも(笑) でもほら、私って根が真面目じゃないですか?」
――自分で言わないでください!(笑)
「あははは(笑)」
――新人の頃からあけすけで面白い子でしたが。
「原点に戻って『エロい事が好きって部分は誰にも負けない私』でいようと」
――最高です!(笑)
「もう指名本数にはこだわらずに、お客様に『あの子、超スケベだったな』と思われるナンバーワンを目指して頑張ります(笑)」
――とても最高です!(笑)
 ● インタビュアー 阿部定治(風俗ライター)