松本みづきスペシャルインタビュー
――みづきさんは、このお仕事をする前は何を?
「保育士として働いていました」
――このお仕事をしてみようと思ったきっかけは?
「昼職との掛け持ちで、アルバイト出来ないかなあと思ったのがきっかけです」
――円山セレブに入る前の風俗経験は?
「メンズエステで短期間だけ働いた事があります」
――ファッションヘルスに興味を持ったのは?
「あまり業種の事は詳しくないのですが、店舗型の方がなんとなく安心して働けるのかなあと言うイメージですね(笑)」
――お客様から第一印象で言われる事ってございます?
「『小さいね』って(笑)」
――たしかに。小柄だしスレンダーだし……プロフィールの年齢よりお若く見えますよね(ジロジロ)
「あはは、ありがとうございます(笑)」
――ファッションヘルスは初チャレンジとの事ですが、お仕事は慣れましたか?
「はい♪とっても(ニコニコ)」
――プレイスタイルはどんな感じですか?
「イチャイチャしてその流れで徐々にエッチになっていく……みたいな感じです」
――性感帯は?
「胸とクリです……」
――どんな感じの責めに弱いですか?
「ソフトに焦らされまくって徐々にねっとり……みたいな……」
――ご自身のエロスイッチが入るシチュエーションは?
「シャワー中に洗っている流れで乳首にイタズラをしちゃうんですけど(笑)、ビクンって反応されるとそこからエッチな気分になっちゃいますね〜。そこからアソコを洗うんですけど、まだ触ってないのに大きくなってたりするともう……」
――急に色っぽい目つきになってます(笑)
「妄想してました(笑)」
――元々イタズラ好きだったんですか?
「いえ、ぜんぜん(笑)」
――ぜんぜん(笑)
「今までは相手に言われたら……くらいだったんです。このお仕事をしてからも『仕事の責任感』という部分で自分から積極的にしなきゃ……という感じだったんですけど、感じてくれているお客様の反応を見ているうちに……」
――考え方が変わった?
「180度変わりました(笑) 以前は自分が気持ち良くなれれば……くらいにしか考えてなかったのですが、今は『お互いが気持ちいいってすごく大事!』って(笑)」
――その方が楽しいですしね。
「そう、楽しさがぜんぜん違いますよね。その悦びを知ってからハートに火がついちゃいました(笑)」
――火が!
「受けも責めも、自分でびっくりするくらい……お家では見せない乱れ方をしてます(笑)」
――旦那様には見せた事がない乱れっぷりを……(ゴクリ)
「そうですね。家に持ち込んだら怪しまれちゃいます(笑)」
――可愛らしい奥様が……それくらい豹変しちゃうのですね……(ゴクリ)
「なのでお店で、お客様とだけ(笑)」
――このお仕事をしたからこその新発見ってございます?
「それこそ、男性も感じるところがたくさんあるんだなあって。しかも人によっても違うので、その方のいちばん気持ちいいポイント、触り方、舐め方を探すのが大好きになりました♪」
――急成長ですね(笑)
「今まで受け身好きだったからこそ『ここをこうされたいのにな……』っていう気持ちが分かりますし、実際にそこを責められた時の『そう!そこ!』っていうのも分かりますし(笑)」
――なるほど!
「なので初めましての人に『なんで僕の気持ちいいとこ知ってるの?』って言われるとすごく嬉しいし、興奮しちゃいますし、もっと……ってエスカレートしちゃいます(笑)」
――逆にご自身が開発されちゃった……みたいな事は?
「前よりイキやすくなっちゃいました……。この年齢で、感度って上がるんだなあ……って(笑)」
――自分で驚くほど?
「はい。40代で性欲が強くなる女性がいるって聞いた事はあるんですけど、自分もそうだったんだ……と(笑) 浮気願望もなかったですし、このお仕事をしなきゃわからなかった事ですね……」
――普段、接客するにあたって心がけている事は?
「『頑張って働いた、そのお金を払って遊びに来てくださっているんだ』というのを常に意識するようにしています。いくら常連様と仲良くなって、良い意味でお互いに遠慮しなくてもいい関係性になったとしても、感謝の気持ちは忘れずにいたいと思ってます」
――最後にお客様にひとこと。
「エッチなプレイ中以外の部分でも『一緒にいて楽しい』って思ってもらえるように。何度会っても『今日も良かったな』って気分良く帰って貰えるよう尽くしますので、これからもよろしくお願いします♪」
 ● インタビュアー 阿部定治(風俗ライター)