塚本こずえスペシャルインタビュー
――こずえさんは円山セレブに入る前は何を?
「OLとして働いてました」
――これまでの風俗経験は?
「それが……この歳になるまで働いた事がなかったんです(笑)」
――円山セレブが初風俗?
「そうなんです(笑)」
――このお仕事をしてみようと思ったきっかけは?
「将来のための貯金です。実はバツイチなもので(笑)」
――あーそうなのですね。初風俗となるとお店探しも大変だったのでは?
「それが、偶然なんですけどここのお店の評判を聞いていたんです」
――お知り合いが働いていた?
「いえ、居酒屋で(笑)」
――居酒屋?
「隣の席でサラリーマンの方たちの話が聞こえてきたんですね」
――風俗トーク的な?
「はい。ソープがどうとかヘルスがこうとか。私の知らない世界のお話なので聞き耳をたてていたら、『こないだ円山セレブって熟女店に行ったんだけど良かったんだよねー』って言っていて(笑)」
――そこで知ったと。
「そうなんです。気になって家に帰って調べてみたら、私の歳でも働ける。未経験でも大丈夫……と書いてあって、思い切って飛び込んでみました(笑)」
――はー、そういう経緯があったのですねえ。初対面のお客様から第一印象でよく言われる事って?
「『顔がエロい』と。そのせいなのか、ここが初風俗と言うと皆さん驚かれます(笑)」
――たしかに!お色気出まくってますよねえ。
「えーそうですか? 今まで言われた事がなかったのでビックリです(笑)」
――褒められる身体の箇所は?
「胸の形ですかね……あと、お肌がスベスベと言われます」
――実際に働いてみてのご感想は?
「元々……好きな方なんですね(笑)」
――おうふ……お好きですか……
「はい(笑) なので緊張はありましたが抵抗はなかったので、割とすぐに馴染むことが出来たと思います。あ、難しいのがひとつだけあって……」
――何でしょう?
「素股です(笑)」
――あ!今まで……
「手や口で……というのはあっても素股はした事がなかったので、かなり戸惑いました(笑)」
――難しいですよね……
「あ、でも今は好きですよ♪」
――受けと責め、どちらがお好きですか?
「どちらも大好きです!」
――性感帯は?
「全身……特に乳首ですね〜」
――どんな責められ方に弱いですか?
「敏感な部分はあえて避けるように上から下までなぞるように……みたいに焦らされるともう……」
――このお仕事をしたからこその新発見ってございます?
「素股って説明された時はよくわからなかったんですけど、実際やってみると女性の方も気持ちいいんだなあと……自分が気持ちいい部分に当てているっていうのもあるんですけど(笑)」
――ステキです!
「あと、どうやらフェラが上手いらしいです(笑)」
――自分ではわかりにくいですよね。
「そうなんです。でもお客様が『いつもよりスムーズにイケた』とか『最近年齢的にイキにくくなって来てたのに』と褒めてくださるので、『そうか、私は上手いのか』と。あはは(笑)」
――自分なりに勉強した?
「勉強というよりは好きにしているだけなんです(笑)」
――天性の才能!
「プライベートで相手に『上手いよ』ってあまり言わないじゃないですか?『誰と比べてるの?』ってなるから(笑)」
――ですね(笑)
「でもこのお仕事だとそれを言っても失礼じゃないし、何でもハッキリ言ってくれるので面白いなあと。『感じやすいんだね』とか『締まりがいいんだね』とか『濡れやすいね』とか(笑)」
――ほほう!感じやすいんですか?濡れやすいんですか?
「そうみたいです。言われて『へーそうなんだ!』という新発見だらけです(笑) あ!」
――どうされました?
「新発見ばかりで申し訳ないんですけど、最大の発見があります(笑)」
――ぜひ教えてください。
「たぶん私……今が性欲MAXかもしれません(笑)」
――おおう!
「よく『女性は40過ぎると性欲が高まる』って言いますけど、あれホントなんだなって(笑) でも、私の場合は年齢的なものに加えてこのお仕事をしたからだと思うんです」
――エッチなお仕事をするようになったから?
「今までずっとそういう事はご無沙汰だったのが、急に週に3〜4日エッチな事をするようになって……そりゃ高まりますよね(笑)」
――その性欲をお客様に……
「はい! もちろんお客様第一ですが、私も一緒に気持ち良くさせてください。でも……もし……自分勝手にお客様を貪っちゃったらごめんなさい(笑)」
 ● インタビュアー 阿部定治(風俗ライター)